熱帯JAZZ楽団 菅野プロフィール

 

 


Percussion カルロス 菅野 : Carlos Kanno
Timb 美座 良彦:Yoshihiko "MIZALITO" Miza
Drums 平川象士 : Shoji Hikrakawa
Bass 高橋ゲタ夫 : Getao Takahashi
Piano 森村 献:Ken Morimura
Conga

岡本健太:Kenta Okamoto

Trumpet 佐々木史郎 : Shiro Sasaki
鈴木正則 : Masanori Suzuki
奥村晶 : Sho Okumura
松島 啓之:Keiji Matsushima
Trombone 中路 英明:Hideaki Nakaji
青木 タイセイ:Taisei Aoki
B.Trombone 西田幹 : Kan Nishida
A.Sax 萱生 昌樹 : Masaki Kayo
藤陵雅裕 : Masahiro Fujioka
T.Sax 野々田万照:Mantell Nonoda
B.Sax 宮本大路 : Dairo Miyamoto

熱帯JAZZ楽団


我が国のラテン音楽シーンをリードし続けて来たパーカッショニスト、プロデューサーのカルロス菅野 が"オルケスタ・デ・ラ・ルス"を脱退後にスタートした、日本のインストゥルメンタルシーンを代表するミュージシャンを一堂に集めた、ラテン・ジャズ・ビッグバンド。

無機質な音楽が溢れている昨今、メンバーが創り出すパワフルなリズムとハーモニーは年齢を問わず幅広い観客を魅了する。

個性溢れるメンバー達が"音楽はエンターテイメントだ!"をコンセプトに、ステージ上で正に縦横無尽に懐かしのラテン名曲は勿論、ジャズ・ファンキー・オリジナルまでトビッキリ熱いビッグバンドサウンドを繰り広げる。

現在15枚のアルバムと2枚のDVDをリリース。バンドスコアブックも多数出版され、全国アマュア・ビッグバンドや吹奏楽部の学生たちからも熱烈な支持を受けている。

NYの「JVC JAZZ FESTIVAL」に2年連続出演するとともに、RMMレコードより3枚のアルバムを全米発売するなど、国内外を問わずワールドワイドに活躍中。

熱帯JAZZ楽団 バイオグラフィ熱帯JAZZ楽団 バイオグラフィ

1994年
10月高崎音楽祭のプロデュースを依頼された"オルケスタ・デ・ラ・ルス"は、カルロス菅野を中心に"トロピカル・ジャズ・オールスターズ"と名付けたラテン・ビッグバンドを編成し群馬音楽センターでライブを行う。これが"熱帯JAZZ楽団"誕生の源となる。

1995年
18名の日本音楽界一流のミュージシャン達に声をかけ、六本木ピットインにて熱帯JAZZ楽団として初めてのライブを行い、ライブハウスにも関わらず多数の動員を得たため、翌年には横浜ランドマークホールにてライブレコーディングを行う。

1996年
横浜ランドマークホールにて行われたライブはフジテレビ、ハイビジョン放送の番組『FNSミュージック・シアター INTO THE GROOVE 熱帯JAZZ楽団』として4月にON AIR。初めて東京、赤坂BLITZにてホールコンサートを開催。11月"熱帯JAZZ楽団"として初めて音楽担当したCF「出光ゼアス/唄とんねるず」がOA。

1997年
5月21日に自主製作盤として「熱帯JAZZ楽団 LIVE IN YOKOHAMA」をリリース。旭川ライブジャム'97や高崎音楽祭にてカシオペア、渡辺真知子と共演。大阪ブルーノートにて2daysライブを行う。

1998年
3月に2枚目のアルバムをレコーディング。6月21日に「熱帯JAZZ楽団II~September~」をビクターエンタテインメントより発売。インストゥルメンタルとして驚異的に売上を伸ばし話題となる。同時に1枚目がRMM/TROPIJAZZレーベルより全米発売される。夏にはNEW YORK JVC JAZZ FESTIVAL(Bryant Park)に出演。その他COPACABANAやS.O.B's等で、海外初のライブを行い、ニューヨーカーの喝采を浴びる。国内では夏のジャズフェス(宮崎、横須賀)やコンサート等、各地で公演を行い着実に動員数を伸ばす。

1999年
6月2日に「熱帯JAZZ楽団III~My favorite~」をビクターエンタテインメントより発売。オリコンアルバムチャートに初登場97位にランクイン。同時に2枚目がRMM/TROPIJAZZレーベルより全米発売される。98年に引き続きNEW YORK JVC JAZZ FESTIVAL(Carnegie Hall)に出演。Tito PuenteやPoncho Sanches等と共演。夏の札幌ジャズフォレストに出演し、観客の大喝采を浴びる等、地方でのコンサートの数多く出演。

2000年
6月21日に「熱帯JAZZ楽団IV~La Rumba~」をビクターエンタテインメントより発売。オリコン初登場77位と着実に売上を伸ばす。ジャズフェスは国内4ケ所(青森、能登、葉山、札幌)にメインアクトとして出演。ファンクラブ登録人数は3,000名となる。

2001年
6月21日に「熱帯JAZZ楽団V~La Noche Tropical~」をビクターエンタテインメントより発売。前作同様オリコンにランクイン。国内最大のジャズフェス「ニューポートジャズフェスティバルin斑尾」にアメリカからの依頼で出演。3日間連続出演の他、各メンバーが来日アーティストとのセッションにも参加。ウェイン・ショーター、アルトゥーロ・サンドバル等と共演。その他岐阜めいほう音楽祭や山口きらら浜ジャズフェスティバルに出演。7月にファン待望のスコアブック「熱帯JAZZ楽団ベスト」もヤマハより出版され売上を伸ばしている。

2002年
6月21日に2枚組のライブアルバム「熱帯JAZZ楽団VI~En Vivo~」をビクターエンタテインメントより発売。そしてアルバムと同時に収録したライブ映像を初DVD「熱帯JAZZ楽団-LIVE 2002-」もビクターより同時発売。夏には札幌、葉山のジャズフェスにメインアクトとして出演する他、今年最大規模といわれているハービー・ハンコックのプロデュースによる東京JAZZ2002(東京スタジアム)にも日本からの代表として出演。年末は六本木STBにて初のカウントダウンライブ開催。

2003年
6月21日に7枚目のアルバム「熱帯JAZZ楽団VII~Spain~」をビクターエンタテインメントより発売。スペシャルゲストにNYの実力派ヴォーカルグループ"ニューヨーク・ヴォイセス"と2枚目のアルバムが大ヒットのFRIED PRIDEからヴォーカルの"shiho"が参加。「Spain」「Bridland」等の王道ナンバーをカヴァーしジャズ・ビックバンドとしての地位を確立。
夏には能登、葉山のジャズフェスにメインアクトとして出演。大好評だったヤマハのスコアブックの第二弾「熱帯JAZZ楽団ベストII」も9月に発売。年末は前年に引き続きSTBでのカウントダウンライブを開催。

2004年
6月23日にNewアルバム「熱帯JAZZ楽団VIII~The Covers~」をビクターエンタテインメントより発売。既発表からセレクトした9曲にはニュー・ミックスを施し、誰もが知っている70~80年代のヒット曲を、まったく新しいサウンドで聴かせている。夏は東京池上本門寺、横浜旭ジャズ、サッポロジャズフォレストに出演。10月には高崎音楽祭で阿川泰子との初共演、11月には東京で初めて開催される「JVC JAZZ FESTIVAL in TOKYO」に出演。
年末カウントダウンライブは3回目となる。

2005年
結成10周年となる今年は、6/22にビクターより9枚目のアルバム「熱帯JAZZ楽団IX~Más Tropical!~」を発売。本作はスペシャルゲストとして渡辺貞夫も参加。オリジナルが全体の7割を占める、今までにないスペシャルアルバムとなる。ヤマハのスコアブックの第三弾「熱帯JAZZ楽団ベストIII」も7月に発売
10th Anniversary Tour は札幌芸術の森野外ステージを初めに鳥取倉吉市、大阪、東京、富山小杉町、静岡磐田市にて開催。ジャズフェスは「宮崎フェニックス」「ヨコスカジャズドリームス2005」「熊谷ヒートブリーズフェスティバル」に出演。10月にはカルロスのプロデュースによる地元中高生との共演イベント「神戸JAZZ2005」に出演。恒例となった4回目のカウントダウンライブをSTBにて開催。
Congaのコスマス・カピッツァが年内にてメンバー脱退。

2006年
昨年の7月に行われた芝メルパルクでの10周年記念公演がDVD「熱帯JAZZ楽団~10th Anniversary Live~」がビクターより2月8日に発売。6/7には10枚目のアルバムを「熱帯JAZZ楽団X~Swing con Clave~」発売。本作はビッグバンド・ジャズの定番曲に焦点をあて熱帯流にアレンジ。全国のアマチュアビックバンドや吹奏楽部に好評を博す。 7月には鳥取、神戸、中野とアルバム発売ツアーを敢行。各地で多数の動員を集め、大盛況のもとに終了。9月に所沢MUSEにてコンサート。新メンバーとしてCongaの斉藤恵が参加。11月には昨年に続きカルロスがプロデュースした「神戸JAZZ2006」にて中高生と共演。 ジャズフェスは「ヨコスカジャズドリームス2006」「JVC JAZZ FESTIVAL in Tokyo」に出演。年末は5回目のカウントダウンライブをSTBにて開催。

2007年
5月にアルベルト・シロマのソロアルバム「BANG! BANG! BANG! 熱帯歌謡大全集」に3曲参加。6 月21日には11枚目のアルバム「熱帯JAZZ楽団XI~ Let's Groove~」を発売。アルバム発売ツアーは岐阜、神戸、東京で開催。夏には調布音楽祭と3年連続でヨコスカジャズドリームスにアルベルトと出演。9月には浜松アクトシティにて単独コンサートを行う。年末ライブはSTB13910周年アニバーサリーに合わせ12月初めに開催。

2008年
2月に鈴鹿音楽祭出演。地元高校でのワークショップも行う。同月、宝くじ文化財団ツアーで愛知県扶桑町と御津町にてコンサート 開催。6月25日には12枚目のアルバムとしてオリジナル楽 曲のみを集めた「熱帯JAZZ楽団XII~The Originals~」を発売。同時に熱帯JAZZ楽団アルバムに過去収録されたカルロスのVocal曲を集めた「カルロス菅野SINGS! Feat. 熱帯JAZZ楽団」も発売。8月にはサッポロシティジャズに出演。10 月には高崎音楽祭をプロデュースし山本潤子、オレンジペコー、矢 野沙織と共演。同月「神戸ジャズ2008」にも出演。
12月には毎年恒例のSTBでのライブ 「THE忘年会」を2daysにて開催。

2009年
3月にライブハウスツアーとして名古屋ブルーノート、大阪ビルボードライブにて4daysのライブ開催。4月にカルロス菅野プロデュースによる「マリーンsings熱帯JAZZ」がBMGより発売される。(3曲が熱帯JAZZ楽団との共演)6 月にマリーンのアルバム発売ライブとして熱帯JAZZ楽団で東京ブルーノート3daysで共演し、全ステージ満席となる。7月 1日には13枚目のアルバム「熱帯JAZZ楽団XIII~Fantasy~」を発売。7月25日にはモントレージャズ フェスティバルイン能登に出演。9月にはアルバム発売ツアー として大阪、岐阜、東京の3公演開催。 東京公演は3年連続でマクドナルドの協賛により地元小学生吹奏楽部員を招待して子供達に生の音楽に触れさせるという企画を実施。 年末は3年ぶりのカウントダウンライブをSTBにて開催。

2010年
結成15周年を迎え2月に恒例関西ライブハウスツアーを開催。3月には長年所属したビクターからソニーミュージックに移籍し15thAniversary Albumを録音。4月21日にメンバーの西田幹の地元西新井ギャラクシーホールにてコンサート。5月3日には初めて高槻ジャズストリートのメインホールライブに出演。通路まで満員のステージはオールスタンディングの盛り上がりとなる。 6月23日にソニーから「熱帯JAZZ楽団XIV~Liberty~」を発売。東京、名古屋、大阪にてアルバム発売ライブを開催。東京、大阪ではマクドナルド協賛の小学生招待企画を今年も実施。8月7日に札幌シティジャズ、翌8日には東京保谷のビッグバンドフェスティバルに出演。10月25日には大阪森ノ宮でのローソンジャズウィークに出演し綾戸智恵と初共演。

2011年
1月に目黒パーシモンホールでのニューイヤージャズ・コンサート開催し、マリーンと共演。2月には武豊音楽祭に出演。3月に恒例関西ライブハウスツアーを開催。5月にはホームページにてファン投票による上位ベスト20曲を2日間に渡って演奏る「The Best of Best Live」を開催。7月6日にビクターより15枚目のアルバム「熱帯JAZZ楽団XV~The Covers II~」としてカヴァーベスト第二弾を発売。夏は所沢、長野、神戸、栃木等各地で公演。秋は初の北海道内単独公演として函館、幕別にてコンサート開催。同じく12月に鹿児島でも初単独公演を開催。

2012年
1月にニューイヤージャズ・コンサート第二回を開催。3月は横浜みなとみらいにて地元笹下中学のビッグバンドと共演。5月にはみなまた未来コンサートに初出演し大橋純子、アルベルト、マリーンと共演。7~8月は「The Midsummer Tour 灼熱」と題し関東(立川、関内、松戸)、神戸にて公演。9月から北海道内4箇所にてホールツアー、宮城2箇所、島根2箇所、岐阜2箇所、岩手県一関等全国各地にてホール公演開催。結成17年目にして過去最多の年間ホール公演数を記録。12月は15.16日にSTB139にて「THE忘年会ライブ」を開催。